ワクチン接種証明書|アプリの使い方・QRコード(二次元バーコード)の表示方法

お役立ち情報

新型コロナワクチン接種証明書アプリですが、紙の接種証明書と同様にQRコード(二次元バーコード)を表示させることも可能です。

ここでは、国内用および海外用のQRコードをスマートフォン上で表示させる方法を紹介します。

新型コロナワクチン接種証明書アプリのインストール方法と使い方の手順については下の記事を参考にしてください。

▼おすすめ記事

新型コロナワクチン接種証明書の発行方法(マイナンバーカード必要) | ふつうのお父さんのブログ (otousan-blog.com)

QRコードを表示する方法

国内用のQRコード

国内用のQRコードの実際の表示手順を紹介します。


新型コロナワクチン接種証明書アプリ

↑ アプリを起動し、上の画面で新型コロナウィルス感染症接種証明書(青い方)の部分をタッチします。

参考情報

3回目の接種証明書を後から追加した場合、最初の2回接種の証明書と分かれてますので、3回目の方を選択します。(3回目の接種証明書のQRコードに1,2回目の接種記録も含まれています。)


新型コロナワクチン接種証明書アプリ

↑ 「二次元バーコードを表示する」をタッチします。


新型コロナワクチン接種証明書アプリ
国内用QRコード(※プライバシー保護のため、一部は塗りつぶしてます。)

↑ QRコード(二次元バーコード)が画面上に表示されます。

海外用のQRコード

つぎに、海外用のQRコードの場合です。


新型コロナワクチン接種証明書アプリ

↑ アプリを起動し、下の画面でVaccination Certificate of COVID-19(赤い方)の部分をタッチします。


新型コロナワクチン接種証明書アプリ
海外用QRコード VDS-NC規格(※プライバシー保護のため、一部は塗りつぶしてます。)

↑ QRコードが画面上に表示されます。2つのバーコードの規格が有り、こちらはVDS-NC規格です。


新型コロナワクチン接種証明書アプリ
海外用QRコード SHC規格(※プライバシー保護のため、一部は塗りつぶしてます。)

↑ 「SHC」の部分をタッチするとSHC規格のQRコードが表示されます。

参考情報

1. SMART Health Cards規格
民間IT企業の共同プロジェクト「VCI」が策定した健康証明書用の規格。
2. ICAO VDS-NC規格
国連専門機関の一つである国際民間航空機関(ICAO)が策定した健康証明書用の規格。

QRコードの画像の保存方法

QRコードのみを写真アプリに保存することができます。

ここではiOSを例にとってその手順を説明します。


新型コロナワクチン接種証明書アプリ

↑ 国内用のQRコードを保存する場合、上の画面の新型コロナウィルス感染症接種証明書(青い方)の方をタッチします。


新型コロナワクチン接種証明書アプリ

 QRコードを表示する前のこの画面に移動しますが、ここで一番下までスクロールします。


↑ すると、上の画像のようなマークがあるので、右側(赤丸)の方をタッチします。


 もしこのようなメッセージが出てきた場合、「設定」をタッチします。


 接種証明書アプリの設定画面が現れるので、「写真」をタッチします。


 最初は「なし」に✓があるので、「写真の追加のみ」をタッチして✓をいれます。


 一旦接種アプリに戻って、再び赤丸の部分のマークをタッチします。


 すると、保存成功というメッセージが表示されますので、「OK」をタッチします。

最後に写真アプリにQRコードが保存されていることが確認できたら完了です。

海外用のQRコードも手順は同じです。


スポンサーリンク

自由コメント欄

タイトルとURLをコピーしました